ジョブゲッター.COM

クリーニング師とは

クリーニング師とは、衣類や皮革製品などを洗濯し、きれいな状態にする洗濯の専門家のことである。主な仕事は、汚れものの分別、洗濯、シミ抜き、アイロンがけ、包装などであり、中でもシミ抜きとアイロンがけは手仕事に頼る部分が多く、経験が必要となる。また、新しい素材が次々と登場し、繊維の性質によって洗濯方法も異なってくるため、常に新しい知識の情報収集も心がけなくてはならない。洗濯業務以外にも、和服や毛皮、絨毯製品の保管業務、撥水・防水加工、防虫加工、ひだの折り目加工などの各種加工や補修といった仕事も含まれる。都道府県知事が与えるクリーニング師免許が必要。

クリーニング師になるには

クリーニング師になるためには、都道府県知事が実施するクリーニング師試験に合格し、免許を取得しなければならない。この試験は、選抜試験ではなく、クリーニング師として必要な知識を得ているかどうかを判断する試験であり、その合格率は毎年6〜7割前後である。クリーニング店には、最低1人のクリーニング師を置くことが法律で義務付けられている。

クリーニング師の転職・求人情報

現在、当サイトでのクリーニング師に関する求人情報はありません。
求人情報で再検索、またはハローワークでお探しください。

求人広告を掲載する