ジョブゲッター.COM

潜水士とは

潜水士とは、潜水という特殊技術を活かして、水中、主に海中での様々な作業を行う人のことをいう。その業務は多岐にわたり、水中での土木作業、サルベージ作業、船底の清掃・補修・補強作業、水産物採取、災害・事故時等のレスキュー隊活動、水中テレビ・写真撮影、各種調査、観察、水中バレエ、水族館での餌付け作業などが挙げられる。潜水方式には、スキューバ式、ヘルメット式、フーカー式の3方式があり、作業内容や条件によって方式が変わり、潜水用具を選択する。水中での継続的な作業は危険度が非常に高いため、一定の知識や技能を持った人だけが携わることのできる仕事である。

潜水士になるには

潜水士になるためには、「潜水士」の国家資格に合格し、資格を取得しなければならない。一般には、潜水作業関連の会社に就職し、見習いをしながら勉強し、国家試験を受ける場合が多い。なお、国家試験は筆記試験のみで、実技試験がないため、資格取得後、現場で先輩の指導を受けながら仕事を通じて実技を修得していくようだ。

潜水士の転職・求人情報

現在、当サイトでの潜水士に関する求人情報はありません。
求人情報で再検索、またはハローワークでお探しください。

求人広告を掲載する