ジョブゲッター.COM

眼鏡販売店員とは

眼鏡販売店員とは、眼鏡店でお客様の視力検査を行ったり、レンズ加工を行うなどして、眼鏡を販売する人のことをいう。その仕事内容は、大別すると専門的な技術が求められる要素と販売に共通した接客能力の2つに分けられる。専門的な技術としては、来年されたお客様の視力検査を行う検査技術、適したレンズをフレームの形に合うように削り仕上げる加工技術、お客様の顔の形や掛け具合に応じてフレームの歪みや金具の締め具合を微調整するフィッティング技術が挙げられる。また、コンタクトレンズにおける技術指導を行うコンタクトレンズインストラクターという仕事もある。

眼鏡販売店員になるには

眼鏡販売店員になるためには、特に必要とされる資格や免許はない。一般には、眼鏡の専門学校で2年程度のカリキュラムを修了し、眼鏡や目に関する知識を学んだ後、眼鏡店に就職する人が増えている。実際の眼鏡販売技術は、就職後、実務経験を積みながら覚えていくのが一般的である。

眼鏡販売店員の転職・求人情報

現在、当サイトでの眼鏡販売店員に関する求人情報はありません。
求人情報で再検索、またはハローワークでお探しください。

求人広告を掲載する