ジョブゲッター.COM

薬店経営者とは

薬店経営者(登録販売者)とは、薬に関する専門知識と販売の資格を持った薬店専門の経営者のことである。2006年の薬事法改正により薬種商制度が廃止となり、替って「登録販売者」制度が導入された。医薬品は正しく使用することで効能が得られ、誤った使用方法は生命の危険を招く恐れもある。よって、その販売には専門知識を得ている販売者から購入することが望ましく、販売する側は、医薬品の主成分ごとの効能・効果・副作用などを必要に応じて購入者に情報提供しなければならない。現在、医薬品はスーパーやコンビニで誰でもいつでも購入できるシステムに変わり、「登録販売者」とは、医薬品販売の専門家として、注目を浴びている職業である。

薬店経営者になるには

登録販売者は、都道府県が行う「登録販売者」の資格を取得すると、一般医薬品の販売が可能となる。すでに営業している薬種商は、「登録販売者」とみなされるので改めて資格取得の必要はない。

薬店経営者の転職・求人情報

現在、当サイトでの薬店経営者に関する求人情報はありません。
求人情報で再検索、またはハローワークでお探しください。

求人広告を掲載する